FC2ブログ

次世代ワールドホビーフェア2018 大阪

 二年ぶりに次世代WHF(ワールドホビーフェア)に行ってきました。2018年は2月11日の日曜日に開催されました。場所は例年通りの大阪ドームです。
 昨年は子供があまり興味を示さなかったので、行きませんでした。昨年の夏頃から子供がコロコロコミックを本格的に楽しむようになり、秋頃からカードゲームのデュエルマスターズにハマり、今年は行く気満々でした。
 二年前の経験を参考に、今年はコロコロコミックの特別入場券に予め応募し、無事に当選しました。これで少しは楽になるかと期待しましたが、この入場券ては限定グッズ販売エリアには優先入場できないとのこと。限定グッズも手に入れたい所で、悩ましいです。
 昨年に特別入場券で入場した知人に尋ねた所、特別入場券は一般よりも少し早く会場入り出来るという貴重な情報が得られました。一般は9時に開場ですが、特別入場券は20分~30分前くらいに入場が始まるとのこと。特別入場券もそれなりに列が出来るので、9時前に会場入りするには、7時30分くらいには並んだ方がよいとのことでした。
 検討の末、父子が特別入場券の入口、母が物販の入口に並ぶ作戦とし、7時30分から列に並びました。特別入場券の列は、始めはノロノロと進んでいましたが、8時前にはピタッと動かなくなりました。あと少しでドーム内に入れると行う場所でしたが、寒い中でドームの外で待たされる事になりました。結局、列が再び動きだしたのは8時40分頃で、手荷物検査を経てドームにはいると、すぐに会場入口があり、8時50分には会場入りできました。
 まず、デュエルマスターズのコーナーへ向かい、スロットマシンのゲームに挑戦しました。スロットマシンで当たりが出ると、限定レアカード「サッヴァークDG」が貰えるというもの。一回に500円で、一回並んで一回チャレンジできるという、鬼の仕様です。我が子はこのカードが欲しいとのことで、何度でも並ぶ覚悟でした。入ってすぐはまだ混雑も少なく、5分弱くらい並んでチャレンジできました。結果はハズレ。ハズレと言っても、デュエルマスターズのカードバックが5袋くらい貰え、参加賞の限定カードも貰えるので、損はしてません。すぐに並び直すと、だいぶ列は長くなっていました。それでも10分程度で2回目のチャレンジができ、何と今度は当たり!無事に狙っていた限定カードをゲットで
きました。2回でゲット出来るとは思っていなかったので、ラッキーです。この時点で9時20分くらいだったと思います。
 次は、ベイブレードのコーナーへ行き、体験会の整理券を貰いました。11時半開始の整理券でした。
 次はバディファイトのコーナーで、サッカーゲームに挑戦しました。結果はイマイチでしたが、やたらとカードが貰えました。我が子は、バディファイトの存在は知っていて、気にはなっているけどプレイしたことはないという状態で、とりあえずカードが貰えて満足という感じでした。このコーナーはすいてました。
 その後は、色々と見て回りました。スプラトゥーン2のコーナーでは大会が開催されており、ここでかなり長い時間、見学しました。人気あるみたいですね。我が家にはswitchないのでプレイできませんが、我が子は興味あるようでした。
 この頃には、10時くらいですが、もう会場は大混雑で、歩くのもひと苦労です。ただ、歩いているだけでも、着ぐるみに遭遇したり、プレゼントを配っていたりするので、楽しめます。
 10時半くらいに物販コーナーから母が帰還し、父子と合流しました。狙っていた限定の金色のベイブレードと、デュエルマスターズの限定カードパックは無事に購入出来ました。
 その後に、外野席へ移動して休憩を取りました。ただし、外野席もほとんど埋まっており、3人分の席を確保するのにひと苦労でした。もう少し早く休憩場所を確保すべきだったかもしれません。
 一休みした後、ベイブレード体験会の時間が近づいて来たので、会場へ戻りました。整理券を持っているといっても、再び並ばなければなりません。ここは子供だけ入場可能ということだったので、待ち合わせ場所を決めて子供と別れました。この頃には、会場は満員電車のような状態でした。親からは全く見えませんでしたが、子供は見事にベイブレードで敵?の撃破に成功したらしく、限定の景品をゲットして帰ってきました。その頃のベイブレードのコーナー周辺の様子です。

fc2blg0390_figa.jpg

 その後は、何となくブラブラと見て回り、外野席に戻って昼御飯を食べました。会場でもホットドッグなどは販売していましたが、かなりの行列です。これは予想していたので、予めパン屋さんで購入しておいたパンを食べました。そして、13時頃に会場を後にしました。昼食中に外野席から撮影した会場の様子です。12:30頃だと思います。

fc2blg0390_figb.jpg

 無事に、欲しかった物は手に入り、子供は満足していました。あと15分早く並んでいたら、開始までドーム内で待てたかもしれません。来年の教訓にしたいと思います。来年は特別入場券が当たるか分かりませんけどね。とりあえず、応募するのをわすれないようにしないといけません。

次世代ワールドホビーフェア2016 大阪

 次世代WHF(ワールドホビーフェア)は、毎年冬に東京・名古屋・大阪・福岡の4カ所で開催されるゲーム、玩具、アニメ及び漫画等のイベントです。入場は無料です。大阪では2月7日(日)に開催されました。
 主に小学生くらいの年齢を対象としたイベントのようです。入口でお土産をもらえるのですが、中学生以下限定ということでした。お土産には、限定の妖怪メダルやカードゲームの限定カードなどが含まれており、入場無料でこれだけもらえるというのはなかなかお得です。
 ゲームは、妖怪ウォッチ、ポケモン、マリオ、マインクラフトなどのブースがありました。やっぱり一番大きかったのは妖怪ウォッチでした。玩具は、カードゲーム、ベイブレード、ゲキドライブ、けん玉などが人気っぽかったです。雑誌は、コロコロ及びちゃおなどで、サイン会などが開かれていました。

 コロコロコミックで紹介されていたのを見て、今年初参加しました。事前にネットで調べたところ、ものすごい混雑らしいということが分かりました。
 予め狙いを定めた方がよいということだったので、イベント限定で販売される妖怪ウォッチの「ダークニャン」及び「ヤミキュウビ」のプラモデルと、ベイブレードの金色の「エクスカリバー」とを購入することを目標とし、それ以外のイベントなどは運がよければ参加しようということにしました。

 イベント自体は午前9時~午後4時の開催時間です。早目に行かなければ限定品はすぐに売り切れてしまうようなので、午前8時に大阪ドームに到着しました。グッズ販売会場の入口とイベント会場の入り口とは別になっており、行列も別々です。狙いは限定グッズなのでグッズ販売会場の列に並び始めました。この時点でもう既に長い行列です。先頭がどこなのかもさっぱりわかりません。
 ただし、午前9時の開場までじーっと立って待っているわけではなく、行列は少しずつ進んでいきます。少しずつドームの壁に沿って半周くらい進んだところで手荷物検査があり、それが終わるとドーム内に入ることができます。この時点で8時50分くらいでした。中に入ると暖かいため、外で並んでいるのとは雲泥の差で快適です。
 中に入ると、行列は階段を上って最上階まで行きます。この辺りで9時になりイベントが開始されました。行列に並んでいる間はイベントの様子は分かりませんが、音だけが漏れ聞こえてきてイベントが始まったことは分かりました。なおこの時点で、イベント会場の行列の待ち時間は90分、グッズ販売会場の行列の待ち時間は150分となっていました。
 行列は、最上階をドームの半周くらい進み、更にスロープで最下層まで下り、客席を通ってグッズ販売会場へと続きます。グッズ販売会場にたどり着いたのは10時くらいでした。結局2時間並んでやっと会場入りです。2時間の暇つぶしの持参は必須ですね。子供はタブレットでゲゲゲの鬼太郎のアニメを見ていました。私は文庫本を読んでいました。
 並んでいる途中には、グッズの在庫状況などが所々で掲示されているのですが、10時少し前の段階で、妖怪ウォッチの限定クリア下敷きが残りわずかとなっていました。その次にベイブレードの金色の「エクスカリバー」が残りわずかとなり、その次に妖怪ウォッチの「ヤミキュウビ」のプラモデルが残りわずかとなっていました。狙っていた商品が残りわずかということで、かなりドキドキしながら並んでいました。
 10時にグッズ販売会場にたどり着いてみると、無事に狙っていた妖怪ウォッチの「ダークニャン」及び「ヤミキュウビ」のプラモデル、ベイブレードの金色の「エクスカリバー」は残っており、購入することができました。残りわずかと掲示されていた妖怪ウォッチの限定クリア下敷きは売り切れていました。買うつもりはなかったのでいいのですが。この時間の感覚からすると、恐らくあと15分遅かったら「エクスカリバー」は売り切れてたのではないかと思います。30分遅かったら「ヤミキュウビ」は売り切れてたのではないかと。福岡大会でこれらの商品を狙っている方がいれば、参考にしてください。
 狙っていた3つの商品と、何となく目に止まった「ケシカスくんのおみくじ」というのを加えた4点を購入しました。

 商品を購入してレジを抜けると、すぐそこはイベント会場です。グッズ販売会場からイベント会場へは行くことができるのですが、イベント会場からグッズ販売会場へ行くことはできません。注意してください。10時の時点で、グッズ販売会場の行列の待ち時間は180分になっていました。
 イベント会場へ着いたのは、10時15分くらいでした。とりあえず妖怪ウォッチのブースへ行ってみました。ここでは妖怪メダルが当たる妖怪ウォッチのおみくじというのをやっていましたが、既に参加のための整理券は配布終了となっていました。
 次にベイブレードのブースへ行ってみました。ここではベイブレードの体験会に参加するための整理券を獲得することができましたが、開始時刻15時となっていました。
 その後は、人混みをかき分けつつ各ブースをざっと見て回り、球場の客席で一休みしました。持参したパン及びお菓子を食べ、お茶を飲んで休憩です。なお球場の売店は開いているのでホットドッグなどの軽食を購入することは可能ですが、買うためには行列に並ばなければならないので、簡単な食事は持参した方が良いと思います。
 このときに客席からイベント会場を撮影したのが以下です。11時くらいだと思います。

fc2blg0092_figa.jpg

 ものすごい人です。特に、通路が交差する真ん中部分が大混雑していました。
 客席に荷物を置き、イベント会場へ行って疲れたら戻ってくるを数回繰り返しました。ゲーム体験などの整理券は既に配布終了となっているところばかりだったので、各ブースで行われているイベントの見学が中心となりました。整理券を獲得するためには、恐らくグッズ販売会場の行列に並ばず、イベント会場へ直接入る行列に並ばなければ間に合わないと思われます。限定グッズを取るか、イベント参加の整理券を取るか、悩ましいところですね。うちの子はイベント参加にはそれほど興味を示さなかったので、限定グッズを選択してよかったと思います。
 イベントに直接に参加しなくても、ベイブレードやけん玉の大会を観戦したり、ライブイベントを鑑賞したり、着ぐるみと握手したりするだけで結構楽しめました。
 ただし、混雑が凄いのでものすごく疲れます。イベントを見るために子供を肩車したりしたので、疲れも倍増です。結局、子供も疲れてきたため、15時からのベイブレードの体験会は諦めて、13時半くらいに帰りました。

 もし来年も参加するのであれば、父が限定品購入、母&子がイベント参加券というように、手分けする作戦もありかなと考えています。