FC2ブログ

ガンプラHG 「ガンダム6号機 マドロック」 塗装完成

 プレミアムバンダイ限定のガンプラ、1/144スケールのHG「ガンダム6号機 マドロック」の塗装を行いました。
 設定色を尊重しつつ、自分好みの色合いで塗装して見ました。成形色の青色がやけに暗い色だったので明るめの青色に、成形色の黄色はオレンジ色寄りにしてみました。その他の部分(と言っても、白とグレーくらいですが)は、ほぼ設定色です。ただ、ワンポイントに赤色を入れたくなり、顔の顎先部分を青色から赤色に変更しました。
 また、以前からのエナメル塗料を使わないという目標は今回も適用し、エナメル塗料を用いるスミ入れは行っていません。全てアクリジョンを使用しています(ただし、最後のトップコートは別ですが)。また、以前に「ジェフティ」のプラモデルで挑戦してみたエッジハイライトの塗装も行ってみました。
 それでは以下、完成した「ガンダム6号機 マドロック」の写真です。

fc2blg0821_figa.jpg

fc2blg0821_figb.jpg

fc2blg0821_figc.jpg

fc2blg0821_figd.jpg

fc2blg0821_fige.jpg

fc2blg0821_figf.jpg

fc2blg0821_figg.jpg

fc2blg0821_figh.jpg

fc2blg0821_figi.jpg

fc2blg0821_figj.jpg

fc2blg0821_figk.jpg

fc2blg0821_figl.jpg

fc2blg0821_figm.jpg

fc2blg0821_fign.jpg

fc2blg0821_figo.jpg

 使用した塗料をまとめます。全てアクリジョンの筆塗りです。

白色部分:
 エアクラフトグレーで凹部(モールド、パネルライン等)を塗装
  →グランプリホワイトで凹部を避けて平面を塗装
   →ホワイトでエッジを塗装

青色部分:
 ネイビーブルーで全体を塗装
  →ブルーで凹部を避けて平面を塗装
   →スカイブルーでエッジを塗装

黄色部分:
 オレンジで全体を塗装
  →オレンジイエローで凹部を避けて平面を塗装
   →イエローでエッジを塗装

関節等の明るいグレー部分:
 ジャーマングレーで凹部を塗装
  →ニュートラルグレーで凹部を避けて平面を塗装
   →エアクラフトグレーでエッジを塗装

バックパック等の暗いグレー部分:
 ジャーマングレーで全体を塗装
  →ニュートラルグレーでエッジを塗装

バーニア等の銀色部分:
 焼き鉄色で全体を塗装
  →シルバーで広い面、エッジを塗装

腰のV字マーク:
 ベースホワイトで全体を塗装
  →イエローで全体を塗装
   →イエロー+ホワイトでエッジを塗装

顎先の赤色部分:
 ベースホワイトで全体を塗装
  →レッドで全体を塗装
   →オレンジでエッジを塗装

目、センサー等:
 シルバーで全体を塗装
  →クリアーグリーンで全体を塗装

 これらの塗装を行った後、デカールを貼り、つや消しの水性トップコートのスプレーをかけて完成です。
 スミ入れに相当する凹部の塗装を先に行って、この部分を避けて全体を塗装するという手順になれて来ました。私の場合、全体を塗装した後にエナメル塗料を使ってスミ入れを行うより、この方が綺麗に塗装できます。エナメル塗料を使わない事で、いやな臭いもなく、リビングモデラーの私にはぴったりです。またエナメル塗料で部品が割れる等の失敗も回避できます。筆塗りでなければ出来ないという欠点はありますが。
 エッジの塗装は、白色部分及び黄色部分についてはなかなかいい出来栄えでしたが、青色部分については少し色の差がありすぎたかなと思いました。ブルーに対してスカイブルーは少し明るすぎかと。ウォーハンマーならこのくらいの色の差があっても普通ですが、ガンプラだと少し極端すぎかもしれません。ガンプラでは、少し明るいくらいの色がよさそうです。でもまあ、悪くはないかなと思っています。安物のスマホのカメラで撮影した画像では、白色部分及び黄色部分のエッジ塗装なんて見分けがつかないですし…。
 全体的な配色としては、私の望む明るいガンダム6号機、敵側ではなく味方側のガンダム6号機のイメージになったかな。素組の悪者ガンダムっぽい配色から少しは離れることができたかな、と自己満足しております。

ガンプラHG 「ガンダム6号機 マドロック」 素組

 プレミアムバンダイ限定のガンプラで1/144スケールのHG「ガンダム6号機 マドロック」です。
 ガンダムは1号機から8号機までの8機存在し、アムロが乗っていたのは2号機という、いかにも後付けの設定でありながら、これが今では公式設定となっています。その6号機が初めてプラモデル化されたのがこの商品です。7号機は既にHGUCシリーズで一般販売されており、なぜ6号機は限定品なのかと文句を言いたいところですが、マイナーな機体だからプラモデル化されただけでもお礼を言うべきなのかもしれません。

fc2blg0811_figa.jpg

 ガンダム6号機は、プレイステーションのガンダムゲーム「ジオニックフロント」に登場する機体だそうです。このゲームをプレイしていないので詳しいことは分かりませんが、「ジオニックフロント」のタイトルが示しているようにこのゲームはジオン軍視点の内容で、このガンダム6号機はラスボス的な存在のようです。言われてみると少し悪人顔のように見えなくもない。

fc2blg0811_figb.jpg

 プラモデルは箱の大きさも部品数も、ごくごく一般的なHGと同じくらいで、私にはちょうどいいと感じられるものでした。組み立てもそれほど時間がかかる事もなく、難しい箇所もなく、サクサク進めることができました。このプラモデルでは、「未完成状態」と「完成状態」の2つを選択して組み立てることができます。「未完成状態」って何だ?どう考えても、選択するなら「完成状態」でしょう。
 という事で、「完成状態」を選択して組み立てた素組の写真を。

fc2blg0811_figc.jpg

fc2blg0811_figd.jpg

fc2blg0811_fige.jpg

fc2blg0811_figf.jpg

fc2blg0811_figg.jpg

fc2blg0811_figh.jpg

fc2blg0811_figi.jpg

fc2blg0811_figj.jpg

fc2blg0811_figk.jpg

 ガンダム6号機かっこいいですね。ただ、アムロの初代ガンダムと同じ年代のものとは思えない…、何故でしょう。デザインは初代ガンダムからそれほど離れている訳ではないのですが、青色&黄色の配色で赤色が存在しないからかな?初代ガンダムと同じ配色にすれば、同系列感が高まりそうですね。←このパターンで塗装するのもありかなと一瞬思いましたが、やはり設定色を尊重しようと思います。
 背中に大きな大砲が2つあるところを見ると、後方支援用のガンダムなのでしょうか。中長距離の砲撃はガンキャノン及びガンタンクに任せて、せっかくの高性能モビルスーツなんだから最前線で戦って欲しいものです。もしかすると、近距離から遠距離まで全範囲を1機のモビルスーツでカバーするというコンセプトなのかもしれません。ゲームのボスキャラとしては、かなり厄介そうです。
 ところで、「マドロック」ってどういう意味なのでしょう?


コトブキヤプラモデル 「ジェフティ」 塗装完成

 コトブキヤのプラモデル「ジェフティ」の塗装を行いました。サイズが大きく、パーツ数が多いため、かなりの時間がかかってしまいました。1日に数パーツをチビチビと塗り進めてやっと完成しました。少しの時間に少しだけ塗装出来るのが筆塗りの良いところです。
 今回は、ウォーハンマーのミニチュア塗装で学んだエッジハイライトをプラモデル塗装に取り入れてみる事を課題としてみました。
 また、このジェフティというロボットは、「ZONE OF THE ENDERS」というゲームに登場するロボットなのですが、ゲーム内ではパネルラインに相当する凹部と言うか隙間のような部分を青い光が流れているような演出がなされていました。プラモデルの説明書ではエネルギーラインと記載されています。ガンプラなら黒色などでスミ入れする個所は、このジェフティの場合は明るい色で塗装する方が雰囲気が出そうです。そこで、ジェフティの青色のパーツは凹部を明るい色に、関節などの黄色っぽいパーツは凹部を暗い色で塗装する事にしました。
 また以前から試行錯誤中なのですが、スミ入れなどにエナメル塗料を使わない塗装にも引き続き挑戦中です。今回のジェフティは、エナメル塗料は全く使わず、全てアクリジョンで塗装しました。あっ、最後のトップコートだけはアクリジョンではないですが。
 それでは以下、完成したジェフティの写真です。

fc2blg0800_figa.jpg

fc2blg0800_figb.jpg

fc2blg0800_figc.jpg

fc2blg0800_figd.jpg

fc2blg0800_fige.jpg

fc2blg0800_figf.jpg

fc2blg0800_figg.jpg

fc2blg0800_figh.jpg

fc2blg0800_figi.jpg

fc2blg0800_figj.jpg

fc2blg0800_figk.jpg

fc2blg0800_figl.jpg

 一応、塗装に使ったアクリジョンの色を以下にまとめます。ちなみに、今回のジェフティは、PS3のHDエディションではなく、PS2の初代ゲームのイメージで色を選んでいます。

黄色っぽい部分:
 カーキで全体を塗装
  →凹部を避けてダークイエローで塗装
   →イエローでエッジハイライト

明るい青色部分:
 ミディアムブルーで全体を塗装
  →スカイブルーでエッジハイライト&エネルギーライン塗装
   →エネルギーラインを薄めたホワイトで塗装

暗い青色部分:
 ネービーブルーで全体を塗装
  →ミディアムブルーでエッジハイライト
   →スカイブルーでエネルギーラインの縁を塗装
    →エネルギーラインを薄めたホワイトで塗装

白色部分:
 エアクラフトグレーで全体を塗装
  →凹部を避けてグランプリホワイトで塗装
   →ホワイトでエッジハイライト
    →スカイブルーでエネルギーライン塗装

 エネルギーラインのホワイトは、均一に塗らず、ムラがでるように水を多めに混ぜて薄めたものを凹部に流し込む感じで塗装しました。
 これらを全てアクリジョンの筆塗りで塗装し、水性の光沢トップコートをスプレーし、デカールを貼って、最後にもう一度トップコートして完成です。

 以上で、コトブキヤのプラモデル「ジェフティ」の完成報告を終わります。個人的には結構いい感じに出来たと満足しています。毎回、完成する度に自画自賛してます。


コトブキヤプラモデル 「ジェフティ」 素組

 コトブキヤのプラモデル「ジェフティ」を製作する事にしました。コトブキヤのプラモデルは初めてです。コトブキヤのプラモデルは、バンダイのプラモデルと比較して、そもそも手に入れることが難しく、値段もお高めであり、そして何となく作るのが難しそうというイメージがあり、これまで手を出してきませんでした。コトブキヤは、バンダイが手を出さないややマイナーなロボットもののプラモデルを発売しています。この「ジェフティ」もそんなマイナーなロボットもののプラモデルの1つです。
 「ジェフティ」は、「ZONE OF THE ENDERS(以下、Z.O.E)」というプレイステーション(以下、PS)のゲームに登場する主役ロボットです。「Z.O.E」は、2001年にPS2用のゲームとして発売されています。また2003年には続編の「ANUBIS ZONE OF THE ENDERS(以下、ANUBIS)」がPS2用のゲームとして発売されています。当時、私の弟にこのゲームを勧められてプレイし、面白かったという記憶があります。
 その後、PS3用ゲームとして上記の2作品をHDリマスタリングして1つの作品とした「ZONE OF THE ENDERS HD EDITION」が2012年に発売され、更に2018年にはPS4用ゲームとして「ANUBIS」を4K/VRリマスタリングした「ANUBIS ZONE OF THE ENDERS:M∀RS」が発売されているようです。PS3もPS4も持っていないので、全く知りませんでしたが。
 コトブキヤの「ジェフティ」のプラモデルは、2011年に発売されているようです。何故にこのタイミングだったのか不明ですが、2012年の「HD EDITION」を見据えてのものだったのかもしれません。2012年には成形色が変更され、飾り台等のパーツが追加されたプラモデル「ジェフティ HD EDITION」が発売されています。私が入手したプラモデルはこの「ジェフティ HD EDITION」の方で、箱には「大阪プラスチックモデル限定」と記載されていました。大阪限定で発売されたのでしょうか?詳細は分かりません。

fc2blg0782_figa.jpg

 コトブキヤのプラモデルは再版されることがないのか、手に入れるチャンスを逃すとすぐにプレミアム価格での取引になってしまいます。この「ジェフティ」も定価4800円(HD EDITIONは6200円)なのですが、ネットで1万円超えが普通です。ところが、近所のリサイクルショップで定価以下で販売されているのを発見し、嬉しくなって購入してしまいました。一応、「箱に傷アリ」とお安い理由が記載されていましたが、私の眼にはどこに傷があるのかわからないレベルでした。コレクターの眼は厳しいのでしょうね。もし目立つ傷があっても、箱なら何の問題もありません。
 ついつい買ってしまいましたが、家に持って帰って改めて見ると、箱が大きい…。ガンプラで言うと、中くらいのMGの箱と同じくらいでしょうか。HG中心の私にはものすごく大きいです。箱を開けてみると、大量のランナーが…。

fc2blg0782_figb.jpg

 少し後悔しつつ、勢いで組み立てました。こう言うのは勢いが大切。しまい込んでしまうと、いつまでも作らずに積まれてしまいます。そしてとりあえず素組が終わりました。

fc2blg0782_figc.jpg

fc2blg0782_figd.jpg

fc2blg0782_fige.jpg

fc2blg0782_figf.jpg

fc2blg0782_figg.jpg

fc2blg0782_figh.jpg

fc2blg0782_figi.jpg

fc2blg0782_figj.jpg

fc2blg0782_figk.jpg

fc2blg0782_figl.jpg

fc2blg0782_figm.jpg

fc2blg0782_fign.jpg

 カッコいいですね。そして懐かしいです。ガンダムとは異なるゲーム的なデザインがいいですね。足先が尖っていて、どう見ても歩行しそうにないデザインですが、太ももは太目で、このロボットにとって足は何のためにあるのだろうと、ふと考えてしまいました。一応、足先は着地状態にすることができるのですが、どんなに頑張っても完成後のプラモデルを自立させることはできませんでした。私が下手なだけかもしれませんが。台座で飾ることを前提と考えた方がいいと思います。
 組み立ても、バンダイ製のプラモデルとはどこか違う感覚がします。何となく、挟み込む構成が多いように思えました。そして、部品同士の噛み合わせが硬い箇所が多かった気がします。どこもかしこもギチギチな印象でした。
 箱の大きさ及び部品数の多さから予想はしていましたが、組み立て後のジェフティは大きかったです。1/144スケールのザクIと比較するとこんな感じです。

fc2blg0782_figo.jpg

 やはり、1/00スケールのガンプラくらいの大きさではないかと思います。筆塗り派の私には、かなり大変な大きさに感じられます。これは完成までに時間がかかりそうです。
 素組のジェフティはカッコイイです…が、どことなく違和感があります。それは色。水色&オレンジ色なジェフティですが、こんな派手な色だったかな?もう少し地味な色のロボットだったような。調べてみると、どうやら「HD EDITION」のジェフティはこの色のようで、初期のPS2版のジェフティはもっと地味な色だったようです。コトブキヤのプラモデルも、先に発売されていた通常版のジェフティはグレイ&黄土色のような地味な色だったのですが、「HD EDITION」版でこの派手な色になったようです。私のイメージは通常版の地味な色ですね、やっぱり。どうせ全塗装するので、自分好みの色に塗装しようと思います。


タミヤ 1/72スケールプラモデル 「A-10A サンダーボルトII」 塗装完成

 難易度の高いタミヤの「A-10A サンダーボルトII」がやっとこさ完成しました。このプラモデルの難所は、組み立ての困難さ及び迷彩柄の塗装の2点だと思います。組み立てはほぼ終わっているので、今回は塗装です。
 箱の写真を見ると、迷彩柄は境界線がぼやけた感じに仕上げてあります。エアブラシ塗装でしょうね。私はアクリジョンの筆塗りです。境界線をぼやかすのはかなり難しいです。どこかで筆塗りで境界線をぼやかす塗装方法を読んだ事がありますが、私の現在のレベルでは無理と判断し、くっきり境界線の塗装でいく事にしました。
 迷彩柄の塗料については、もちろん説明書に指定されているのですが、色数が少ないアクリジョンにそんな色はありません。箱の写真を見ながら、似ている色を選びました。
 迷彩柄については、カラーではありませんが、説明書に上下左右から見た絵が掲載されています。これを参考にして、左手にプラモデルを、右手に筆を持って、迷彩柄を直接描きこむ。今の私に出来るのは、これぐらいです。ただ、説明書の絵は、上下左右の絵に描かれている迷彩柄にどう考えても矛盾している箇所があったり、見えない箇所があったりします。また説明書の絵と、実際のプラモデルとでは、パネルラインが違っていたりもします。こういう所は、開き直って、エイやで迷彩柄を描きました。多少迷彩柄に間違いがあっても、誰も気付かないだろうと・・・。
 こういう兵器の迷彩柄って、現物では一台毎に異なるのでしょうか?それとも、全機が同じパターンで描かれているのでしょうか?機械が塗装するのか、人が塗装するのかでも変わってきそうですが。
 そんなこんなで、迷彩柄を塗り、残りの脚周りや武装を取り付けて、完成です。
 以下に、塗装に用いた塗料の色をまとめます。全てアクリジョンの筆塗りです。

迷彩の濃い緑:暗緑色(中島系)
迷彩の薄い緑:明灰緑色(中島系)
迷彩の灰色:ニュートラルグレイ
白色:グランプリホワイト
黒色:つや消しブラック
銀色:シルバー、焼鉄色、黒鉄色
黄色:イエロー
赤色:レッド

 迷彩柄以外については、説明書の指定色を参考にして、適当に塗り分けています。
 スミ入れを先に行う作戦だったのですが、迷彩柄を筆塗りしているうちに、半分くらいは迷彩柄で塗り潰してしまいました。スミ入れした箇所を避けて迷彩柄を描くのは、なかなか困難でした。結局、迷彩柄を描き終えた後、光沢トップコート(スプレー)して、スミ入れ用塗料(エナメル)でスミ入れし直しました。二度手間になっただけで、先にスミ入れ作戦は失敗でした。
 スミ入れ後にデカールを貼り、つや消しトップコート(スプレー)して完成です。
 それでは以下、タミヤ1/72スケール「A-10A サンダーボルトII」の完成写真です。

fc2blg0770_figa.jpg

fc2blg0770_figb.jpg

fc2blg0770_figc.jpg

fc2blg0770_figd.jpg

fc2blg0770_fige.jpg

fc2blg0770_figf.jpg

fc2blg0770_figg.jpg

fc2blg0770_figh.jpg

fc2blg0770_figi.jpg

fc2blg0770_figj.jpg

fc2blg0770_figk.jpg

fc2blg0770_figl.jpg

 そうそう、一つ書き忘れてました。本体の「重り」ですが、重さが足りませんでした。塗装して武装及び車輪等を全て接着してみたら、立ちません。尻餅をついた状態になってしまいました。離陸の瞬間、と言い張る事も考えましたが、流石に見苦しい。そこで、前輪の底に0.5mmの金属線を埋め込んで下方へ突出させ、100均で購入したコルクボードにブスッと突き刺して無理矢理に立たせました。完成写真にボードが含まれているのは、このためです。何となく、作品っぽくなったので、良しとします。
 飛行機のプラモデルはこれで4つ目です。まだまだ学ぶべき事は多そうです。