FC2ブログ

タミヤ 楽しい工作シリーズ No.227 「カムプログラムロボット 工作セット」

 久しぶりのタミヤ工作シリーズです。「音センサー歩行ロボット」を作ったのが、2018年の夏頃だったので、一年以上前のことです。それより前には、PICマイコンで工作キットを改造しようなどという計画を考えたりもしましたが、全く手付かずです。スイマセン。
 今回の「カムプログラムロボット」は、細長いプラスチック棒にピンのようなパーツを着脱し、この棒をロボットに挿入する事でロボットの動きを変える事ができるという、なかなか凝った工作キットです。
 夏休みに子供がタミヤのプログラミング教室の体験会に参加し、お土産としてこの工作キットを貰いました。ところが、この工作キットは近いうちに作ろうと既に購入済みで、同じキットが2つ揃ってしまいました。せっかくなので、親子で1つずつ組み立ててみました。
 ちなみに、タミヤのプログラミング教室では、このカムプログラムロボットを改造してichigojamという小型コンピュータを搭載したものを、BASICのプログラムで制御していました。これ欲しい・・・。

fc2blg0656_figa.jpg

 この通称「カムロボ」は、なかなか愛嬌のあるデザインです。両腕は飾りだと思って下さい。お腹に刺さっている青い棒が、動作を制御するためのものです。この棒に小さなピンを刺すための穴が二列に沢山開いており、右にピンを刺すと右折、左にピンを刺すと左折というイメージです。棒は少しずつお腹の中に飲み込まれていき、背中から出てきます。

fc2blg0656_figb.jpg

 箱を開けると、予想以上の部品量に圧倒されます。ギヤボックスも一から組み立てが必要で、ギヤ数も多いです。ニッパーで切り離さなければいけない部品も多いです。
 それでも、子供と同時進行でコツコツと作っていけば、2~3時間くらいで完成できました。部品は多いですが、作りやすいキットでした。
 以下、完成写真です。

fc2blg0656_figc.jpg

fc2blg0656_figd.jpg

fc2blg0656_fige.jpg

fc2blg0656_figf.jpg

fc2blg0656_figg.jpg

fc2blg0656_figh.jpg

fc2blg0656_figi.jpg

fc2blg0656_figj.jpg

fc2blg0656_figk.jpg

fc2blg0656_figl.jpg

 ロボットのお腹に刺さっている青い棒が、プログラム用のパーツです。この棒は、左右にピンを装着する穴が並んでおり、この穴にピンが刺さっているか否かで右折、左折を制御できます。青い棒は、カムロボの進行と共に少しずつお腹の中に飲み込まれていき、背中から排出されます。よく考えられています。
 カムロボの底面には、地面に対して車体を持ち上げるジャッキのようなものが左右にあり、これが車体を持ち上げてキャタピラを非接地状態にする事で左折、右折を行います。左折、右折の際にモータの回転方向が変わるわけではありません。てっきりモータの回転を制御するのかと思っていたので、完成して驚きました。少しガッカリもしましたが。
 子供が作ったカムロボと、私が作ったカムロボとで二台あるため、競争なんかをして楽しめます。適当に障害物を置いて、衝突せずにゴールできるようにカムロボの動きを制御するなどのゲームが楽しめます。遊び方は無限大です。
 このカムロボにichigojamを搭載する方法が、「カムロボ部」というWebサイトで紹介されています。多分、最低限の改造なら費用は一万円以内で何とかなりそうに思います。難易度は高いかもしれませんが、低価格でプログラムできるロボットを手に入れたい場合には、チャレンジしてみる価値はありそうです。


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する