FC2ブログ

ガンプラHG 「ガンダム6号機 マドロック」 素組

 プレミアムバンダイ限定のガンプラで1/144スケールのHG「ガンダム6号機 マドロック」です。
 ガンダムは1号機から8号機までの8機存在し、アムロが乗っていたのは2号機という、いかにも後付けの設定でありながら、これが今では公式設定となっています。その6号機が初めてプラモデル化されたのがこの商品です。7号機は既にHGUCシリーズで一般販売されており、なぜ6号機は限定品なのかと文句を言いたいところですが、マイナーな機体だからプラモデル化されただけでもお礼を言うべきなのかもしれません。

fc2blg0811_figa.jpg

 ガンダム6号機は、プレイステーションのガンダムゲーム「ジオニックフロント」に登場する機体だそうです。このゲームをプレイしていないので詳しいことは分かりませんが、「ジオニックフロント」のタイトルが示しているようにこのゲームはジオン軍視点の内容で、このガンダム6号機はラスボス的な存在のようです。言われてみると少し悪人顔のように見えなくもない。

fc2blg0811_figb.jpg

 プラモデルは箱の大きさも部品数も、ごくごく一般的なHGと同じくらいで、私にはちょうどいいと感じられるものでした。組み立てもそれほど時間がかかる事もなく、難しい箇所もなく、サクサク進めることができました。このプラモデルでは、「未完成状態」と「完成状態」の2つを選択して組み立てることができます。「未完成状態」って何だ?どう考えても、選択するなら「完成状態」でしょう。
 という事で、「完成状態」を選択して組み立てた素組の写真を。

fc2blg0811_figc.jpg

fc2blg0811_figd.jpg

fc2blg0811_fige.jpg

fc2blg0811_figf.jpg

fc2blg0811_figg.jpg

fc2blg0811_figh.jpg

fc2blg0811_figi.jpg

fc2blg0811_figj.jpg

fc2blg0811_figk.jpg

 ガンダム6号機かっこいいですね。ただ、アムロの初代ガンダムと同じ年代のものとは思えない…、何故でしょう。デザインは初代ガンダムからそれほど離れている訳ではないのですが、青色&黄色の配色で赤色が存在しないからかな?初代ガンダムと同じ配色にすれば、同系列感が高まりそうですね。←このパターンで塗装するのもありかなと一瞬思いましたが、やはり設定色を尊重しようと思います。
 背中に大きな大砲が2つあるところを見ると、後方支援用のガンダムなのでしょうか。中長距離の砲撃はガンキャノン及びガンタンクに任せて、せっかくの高性能モビルスーツなんだから最前線で戦って欲しいものです。もしかすると、近距離から遠距離まで全範囲を1機のモビルスーツでカバーするというコンセプトなのかもしれません。ゲームのボスキャラとしては、かなり厄介そうです。
 ところで、「マドロック」ってどういう意味なのでしょう?


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する